ココロ未来学院、社会起業家で在るために

社会起業家としての活動をコメントしていきます

世界人権宣言

世界人権宣言

そろそろ社会起業家であるために本論へ入っていく。

最初に知っていただきたいのは「世界人権宣言」、1948年12月10日に国連で採択された。世界人権宣言は、人権および自由を尊重し確保するために、「すべての人民とすべての国とが達成すべき共通の基準」を宣言したものである。

で、この世界人権宣言を理解するためにはいくつか知らなければならないことがある。

まずは簡単に説明する。

国際連合

国連(国際連合)・・・1945年10月24日、51ヵ国の加盟国で設立された。主たる活動目的は、国際平和と安全の維持、経済・社会・文化などに関する国際協力の実現である。つまり第一次世界大戦(1914-1917)第二次世界大戦(1939-1943)による多大なる人類の損失の甚大さ。それとイギリスの産業革命に始まった世界中の産業革命

戦争と産業、これは現代にいたる世界の動きを左右する大きな出来事で、国際連合は戦争中立国であるスイスのジュネーブに本部を置き参加国は目的を遂行するために世界を牽引していった。

 

基本的な人権と自由に関する宣言

世界人権宣言(UDHR)は、フランス・パリで開かれた国連総会第3回で採択された。国連にとってとても大きな仕事をした。

世界人権宣言は第2次世界大戦の残虐な行為の再発をを許さないためにできました。第1回国連総会から人権委員会が選出され草案を作り、18か国で取りまとめる権利が与えられました。委員長はアメリカの故ルーズベルト大統領の未亡人エレノア・ルーズベルト氏を中心にフランス、レバノン、中国、カナダ等。最後に国連広報センターより抜粋でメンバーであったチリのエルナン・サンタクルスの演説を記す。

「私には、人間の至上の価値に関するコンセンサスが生まれた、まさに歴史上の一大事に参加しているというはっきりとした認識がありました。その価値は、世俗的な権力者の決定ではなく、人間の存在という事実それ自体に由来するものであり、これによって、欠乏や抑圧のない状態で暮らし、それぞれの個性を十分に育むという不可侵の権利が生まれたのです。大会議場では…全世界から集まった男女の間に真の連帯感と友愛の雰囲気が漂っていました。それはいかなる国際舞台でも、私が二度と目にすることのなかった光景でした」と。